MENU

CSR活動

・‥…─━━━━━━━━─…‥・

5月26日(金)本社にて、

ダイハツ工業の中長期計画の一つである

コトづくり」について記者発表会が開催され、

同日に松阪船江店で健康安全運転講座を実施しました。

以下に当日の様子を紹介します。



記者発表の様子


ダイハツ工業株式会社は、3月1日の創立110周年に合わせ刷新したグループスローガン「Light you up」のもと、

世界中の一人ひとりが自分らしく、軽やかに輝くモビリティライフを供すべく、ダイハツならではの「モノづくり」の強化と、

お客様や地域の方々との接点拡大を主眼とした「コトづくり」に取り組んでいる。今回、この「コトづくり」活動の一環として、

高齢者の事故低減に向けた取り組みを開始した。

この取り組みでは「産=ダイハツ/日本自動車連盟(以下、JAF)、官=地方自治体、学=理学療法士協会、民=地域社会」の

連携により、高齢化が進む地域社会で「いくつになっても自由に移動できる自立した生活」を「地域と連携してサポート」する。

具体的には、ダイハツ(産)が販売会社を拠点とした地域イベントを開催、地方自治体(官)や住民自治協議会(民)が地域の高齢者など

参加者を誘致、JAF(産)による安全運転講習会や、理学療法士協会(学)による運動指導などのカリキュラムを実施する。このイベントを通じ

高齢者が運転に必要な筋力や認知機能を維持することで、高齢者の事故低減に向けたサポートを行う。

2017年度から本格的にプロジェクトを始動し、全国規模の活動として拡大をしていく。







健康安全運転講座

--------------------------------------------

~実施内容~

■運転姿勢の確認
■死角の確認
■スマアシ体験
■体力測定(4種類)
■理学療法士による講話と実技

--------------------------------------------

 

JAFによる講座

 

理学療法士による講座

 

 

三重ダイハツスタッフによる

スマアシ体験(誤発進)


今回は松阪市港地区鈴の森地区の計17名の方に

ご参加いただきました。理学療法士による講座と体力測定、

JAFによる講座と死角の確認などや
船江店のスタッフによるスマアシ体験を実施しました。

参加された方から「運転の基礎を思い出す良いきっかけになった」、

このような講座はとても助かる」などの

嬉しいお言葉をいただきました。

また、皆さんとてもイキイキしておられ、

体を動かす大切さを改めて知ってもらいました。

スマアシの誤発進抑制機能体験はビックリしながらも、

楽しく学んでいただきました。



***********************************************

イベントを終えて CSR推進委員一同より

当日は記者発表を取材するマスコミ関係者が多数来場しましたが、

特に大きな問題もなく運営もでき、

また健康安全運転講座に参加された高齢者の

皆さんも楽しんでいただいた様子だったので、

一安心しました。本イベントは今後も継続して実施し、

行政や住民自治会と連係を強化して、

より広がりのある活動にしていきたいと考えております。


***********************************************